従業員の給与計算の方法

会社は従業員に労働の対価として給与を支払う義務があります。

そのために給与計算を行わなければなりませんがその方法としていくつか抑えておかなければならないことがあります。まず労働時間を計算して集計することから始まります。給与は毎月1回一定の期日に支払うことが義務付けられています。給与の算定期間としていつからいつまでといった期間のなかで公休が何日あり規定日数が何日あるか決めておきます。それに対して勤務の実績を集めて計算するのですが、一般的にはタイムカードなどを利用しますが、最近ではICカードなどを利用して自動的に集計する方法があります。

出勤が何日あって公休が何日あって有給などの特別休暇なども実績として捉えます。そして労働時間を集計して計算を行います。これは月給者や日給者、時給者によって計算方法がかわります。社員やアルバイトなど採用する場合は給与計算でこれら計算に対応できるようにしておくといいです。次に支給額を計算します。月給者の場合は基本給があるのが一般的です。時給者の場合は時給単価に時間数をかけて計算します。

残業がある場合は法に従って計算を行い支給する必要があります。これらに交通費を支給する場合はプラスします。そして控除額を計算しますが、社会保険や税金、住民税など給与計算で計算できるように設定します。社会保険には算出表があり保険料の計算に標準報酬月額が使用されます。税金には甲乙といった税区分があります。これら支給と控除から差し引き支給額を給与計算にて行います。
離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *