給与計算では月給も日給も時間給もそれぞれ計算が必要

給与計算では、従業員を雇用する側にとってはそれぞれ月給も日給も時間給も計上が出来るような仕組みにしておかなければなりません。

なぜならば、月給は一般の正社員や期間雇用の契約社員等に該当し、さらに日給や時間給はアルバイトやパートなどで使用するためです。それぞれが正しく計算がなされなければ、おかしな話になってしまいます。さらにそれぞれの職種にあっては、時間外つまり残業も正しく計上できるようにしておかなければならないものです。割増賃金は計算の仕方が労働基準法等で厳しく定められていて、本来の考え方は時間外つまり残業はしてはならないものとなっています。

しかしながら、現実には時間外は当たり前のように行われていますので、時間外勤務つまり残業代も正しく計上が出来るようにしておかなければいけません。この時間外勤務における残業代の支給をめぐって、裁判があちこちで毎年のように係争案件になっていることもあり、時間外勤務を命じるのであれば、給与計算も正しく行われることが前提です。時間外の一方で減給等の正しい計算も必須ですが、このときも日給であったりあるいは時間給であったり、色々なケースが考えられます。

したがって、給与計算に支障が出ないように正しく処理がなされるように、対応をしっかりととっておかなければいけないものです。このとき、誰であろうとも時間給や日給、月給で処理が出来るような給与会計ソフトの導入を行うのも一つの方法となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *