給与計算の仕組みと現状

会社員が働いていると、ひと月に1度給与をもらうことができます。

その給与の計算を行っているのは会社ですが、会社は正確に給与計算する必要があります。給与の計算方法は非常に単純です、総支給額から控除額を行けばいいだけです。もちろん、総支給額を計算する時には各社員の勤務時間等を正確に把握して計算を行う必要があります。その際、有給や残業の時間も正確に計算して計上しなければなりません。給与は社員と会社の契約に基づいて支払われる労働に対する報酬です。

しかし、会社は法律でそこから税金、すなわち所得税や住民税等を差し引くことが決まっています。また税金だけでなく、保険料や年金の掛け金も行く必要があります。こういった社会保険もひくことが法律で義務づけられているのです。すなわち社員の労働時間や税金、社会保険料を全て正確に計算しなければ、ただしい給与を算出することは不可能です。正確に計算するにはもう少し知識が必要になります。

会社員の場合はまず基本給というものが決まっています。基本給は社員の業績や経験年数等によって年々上がっていくのが普通です。逆に業績が悪ければ下がることもあります。これに加えて出張手当や通勤手当といったいろいろな手当も算出します。給与計算では、それらの計算する必要があるのです。以上の計算を手作業でするのは非常に大変です。そのため一般的には給与計算するソフトを搭載したシステムまたはパソコンなど使用することが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *