休日労働と深夜労働の給与計算

1日8時間を超えた労働時間に対しては賃金が25%割増し、休日に労働した場合には35%増しで給与計算されることは、多くの人が知っています。

しかし、残業時間と休日労働の違いについて、明確に言える人は少ないでしょう。本来休日であるはずの土曜日に出勤したのに、残業時間の25%増ししかついていない、と不審に思っている人もいるはずです。休日労働の35%増し、というのは、あくまでも法定休日に働いた場合です。法定休日とは、4週で4日と決められています。つまり、毎週土日休みの週休二日の会社であっても、どちらかが法定休日、そしてどちらかが所定休日です。

大抵の会社は土曜日を所定休日、日曜日を法定休日としています。このため給与計算の上では土曜日は残業の割増し、日曜日に出勤すると休日の割増しになります。但し土曜日に割増しの残業代が出るのは、その週の労働時間が40時間を超えた場合のみです。その週の水曜が祝日で休みだった場合は、土曜日に出勤しても、通常の賃金しかでません。もう一つ、給与計算する上で重要な割増賃金の規定に、深夜労働があります。

深夜労働とは、夜10時から翌朝5時までの時間帯に労働することです。この時間帯は、通常の時間よりも25%以上割増しで支払われる決まりになっています。このため夜勤の人は、日勤の人よりも給料が高いというわけです。1日8時間を超えて、且つ夜10時を過ぎて残業した場合は、残業代の25%と、深夜労働の25%、合わせて50%以上の割増しとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *