システムテストの重要性

システムテストは発注者に納品する前の最後のテストです。

単体、結合テストを合格してきているのでプログラムとしての問題は少ない場合が多く、本番か同様のハードウエアでの動作チェックなどが主な項目と考える方が多いようです。しかし、実際にはうまくテストが通らず、コーディングのやり直しに発展するケースも多くあります。システムテストでは本番稼働用のハードウエアを利用します。

開発機材よりもパワフルなコンピュータであることが多いのですが、それでもいざインストールして稼働させると仕様上決められているパフォーマンスが発揮されないという場合も少なくありません。システムテストでは仕様上の機能の最終チェックと速度などのパフォーマンスチェックが行なわれますが、単体で動いていた場合と違って速度が出ない、ボトルネックが発生することが多いようです。ボトルネックはプログラムから発生することもあればハードウエアから発生する場合もあります。

多くの場合、ハードウエア側の設定に修正が必要な場合がほとんどなのですが、まれに本番用のデータを入れたら速度が落ちたという場合もあります。大規模システムの場合はテスト項目についても仕様書に記載することが多く、サンプルデータもていきょうされることが多いのですが、データ量が本番とは違うために結合テストまでではチェックしきれなかった場合も多いようです。
ボトルネックの調査は時間がかかることが多く、問題となり、コーディングし直しなどの処理が行われることが多いです給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *