アプリケーションサーバシステム

アプリケーションをサーバなどで動かす際には単独で動くアプリケーションではなく、アプリケーションサーバに対応した作りにすることが多くなっています。

アプリケーションサーバに対応させることで入出力系を利用できたり、稼働や終了などをAPIなどで行えたり、稼働自体をOSが行なう用に管理してもらえたりとシステム開発においてアプリケーションサーバがあるなしは開発と保守面でかなりの差があります。アプリケーションサーバは古くから用意されており、商用、オープンソースとかなり多くのプロジェクトや製品があります。

現在システムに組み込めるアプリケーションサーバは10以上あると言われていますが、主要なプロジェクトは4つほどと言われています。1つ目はTOMCATです。アパッチで管理されているプロジェクトでオープンソース、商用、非商用問わず利用でき、一番利用人数が多いとも言われています。2つ目はWEBLOGICです。商用版ですが、歴史が古く、安定性も高いことから利用される場合が多いです。

ORACLE社が販売しています。JBOSSも商用ソフトであり、Redhat社が販売しています。WebsphereはIBMが販売しているソフトであり、販売されているアプリケーションサーバではもっとも多くの採用例があると言われています。どのアプリケーションサーバもシステムの基盤として利用するには十分な性能があり、保守料やサポートの有無などで選ぶことができます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *