Webシステムを構築する姿勢

商業ソフトもWebベースに移行する事が多い昨今ですが、小規模なシステム開発もインターネットに移行していますし、ローカルな仕組みと結び付けて使用するケースも増えていますから、ビジネスを行うのなら技術力が求められる時代です。

今までのシステムといえば、必ずしも通信インフラに接続する必要はなく、Webに対応したインターフェイスを持たない事もありましたが、外部からのアクセス性や端末を選ばない使い易さを考えると、現在ではインターネットの利点を最大限に活用する方が選ばれます。

システムを設計するにあたって重要なのは、基本構造は簡単な設計にして、土台に機能を追加する形が主流ですし、各部を分けて考えられますから、トラブルや問題が発生した場合に切り分けが簡単になります。また、セキュリティを考慮すると通信部分のシステム構造は重要度が高まり、特に設計のミスは許されない箇所で、実装の誤りもクリティカルな状況に発展させますから、ヒューマンエラーを想定して取り組む姿勢が大切です。

予期せぬシステムの穴を見落としてしまえば、そこを入り口に進入される可能性が高く、会員サイトでは個人のデータが収集されたり、預かり保管する責任がありますから、まずはミスを防ぐ取り組み方を行い、次に潜在的な問題の早期発見を心掛け、速やかに解決へと結果を導く事が重要です。表面的に認証機構で固めたり、厳重な暗号化やパスワード処理を済ませても、脇が甘ければ隙を突かれますから、全てのルートに緊張感を持ち取り組みを行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *