システムのテストケースの作り方

システム開発ではコーディングの他にテストも重要です。

テストやコーディングは仕様書に沿って行なわれることが多いのですが、仕様書でテストコードの書き方まで指示することが増えています。システムの各種テストまで仕様書で指示する理由はシステムが大規模化している割に工期が短くなってきたいことからテストを充実させ、不具合を減らして余分な工期を作らないようにする意味があるようです。テストについてはさまざまな方法や利用するデータが想定できますが、プログラマ単位でテストの品質がかなり異なることが多いことから仕様書で品質を一定に保つ試みが行われています。

システムのテストで重要になるのは決まった数値や文字での動作不良がないこと以外に異常なデータも含まれます異常値については桁数の違いから文字コードの違反までさまざま想定できます。そのため、ディシジョナルテーブルと呼ばれるシートが配布されることが多く、テストをするための指針として利用されます。異常値の判定、計算値の誤差の判定などこのシートによって各プログラマがテストを行う際の基準が策定されます。

また、テストコードをプログラマが一定の品質で記載できればテストの自動化も行いやすいくなり、プログラマの手間を省き、コーディングに集中させることができるとも言われています。テストの自動化はシステムテストまで一気に行なうことも可能となっていますが、単体、結合テストでの品質であり、仕様書やディシジョナルテーブルの充実を図る場合が多いです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *