給与を日払いシステムでもらう場合の注意点

給与の支払いはプロ野球などでおなじみの年俸制や月給制などがありますが、アルバイトの給与には日払いシステムも時に見受けられます。

長期間同じ仕事をすることができない場合や、試しに働いてみたい場合などの理由で一日だけ働く際にはこの日払いシステムが便利です。このシステムを使えば、旅行で短期間しか滞在しない場所でも働くことができます。夏休みなどの休暇で東京に滞在している間だけアルバイトをしたい時、働いた時間に応じた給与をその日に受け取ることができます。雇う側も長期間に連続して雇う必要のない仕事の場合には、日払いシステムで短期間だけ人を雇うことが有効な場合があります。

働きたい人と雇いたい人のニーズが有った場合には、日払いシステムは互いにとってメリットがあると言えるでしょう。長く働く場合でも、一日ごとの給料を日払いでもらうケースがあります。長期間同じ場所で勤務することを望まない場合に、翌月や翌々月に給与が支払われるのでは働く人が集まりにくい場合があります。

そのような場合、すぐに払ってくれる日払いの方法で人員を確保するという雇用側の事情が日払いの理由になります。利便性が高い日払いのシステムですが、一方で雇用側との信頼関係が築きにくいというデメリットがあります。約束通りの雇用条件であるのか、事前の説明と仕事の内容に差異がないのか、きちんと話をしておく必要があるでしょう。あくまで雇用は求人誌ではなく雇用契約の内容によることを確認してからエントリーしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *