給与日払いについて

現金手渡しが一般的だった時代は、企業の直接雇用による給与の日払いも多く行われていましたが現在は振込が一般的となったため突発的なアルバイトなどでしか見かけることがなくなりました。

一方、スポット派遣やPRバイトのように1日単位での増員を受け付ける派遣会社では日払いを取り入れている企業が多いです。そういった場合は給与の日払いを行うシステムが出来上がっているため、一日単位で働いて翌日以降に銀行振り込みで行うという企業が多いようです。企業による直接雇用で日払いを取り入れたいという場合は、現金手渡しが一番面倒がありません。

ただし現金の手渡しは脱税の原因となりやすいこと、また支払った給与を計算する手間などがあるので気軽に利用できるものでもありません。もし行う場合は、雇用者の身元確認を確実に行うこと、支払額などをしっかりと記録しましょう。もし現金の管理の手間が難しいということであれば、後日振込という方式もあります。

この場合、雇用の前に振込であることを承諾してもらうこと、振込先の口座の申請を行ってもらうこと、個人情報となるので管理をしっかりとすることなどの注意しましょう。雇用者側からみた注意としては、このように日払いと一口に言ってもいろいろなので事前に詳しい支払方法を確認し、支払い日や支払方法などを確認しておくことがあります。気になる方は雇用の前、申し込みの前にしっかりと質問、相談をしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *