日払いシステムは給与を計算する仕組み

給与を計算するときにおいて注意する必要があるのが、日払いシステムと即日払いシステムとの差です。

給与の日払いシステムは現金が仕事が終わった際に手渡される仕組みのことですが、日払いシステムは支払う方法のことを指すのではなく、給与の金額を割り出す仕組みのことを指します。より分かりやすく説明するために週払いシステムと比べてみると、1週間仕事した際に日払いシステムだと1日単位で締め切って金額を割り出します。

週払いシステムは1週間単位で締め切りって給与の金額を割り出します。そういった差ですが、1ヶ月ぐらい仕事が継続されると予測されるときには週払いシステムにしておくことによって、出勤する度に締め切る必要がないため手間がかかりません。その一方で日取りが断続的であったり短期の仕事の場合などは、1日単位で金額を割り出した方が混乱しなくて効率的です。

日払いは、給与を計算するときだけにメリットがある訳ではありません。受け取る方にとっても、メリットがありますが、それは前払いで給与を受け取りたい場合になります。色々な出費がかさんで、会社に対して一部分だけ前払いをしてもらうときに毎日締め切っていれば、すでに前日までの報酬を請求する権利は発生していて実質的に前借りをすることにはならないからです。本来の支給日に前払いした分が差し引かれるのみで、会社に対して借金をする訳ではないため後ろめたさがないという精神的な側面もメリットであると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *