給与の日払いシステムの会社

日本の会社は多くが月給制で、ある月に働いた分の給与は翌月末近くに支払われるようになっています。

25日払いという会社が最も多いでしょう。一方で日払いシステムを取っている会社もあります。とくに、アルバイトやフリーターなどが主体の会社ではそうなっていることも多いです。給与が日払いシステムであることのメリットは、やはりすぐにお金が手元に入ってくるということでしょう。給料日前にお金が手元になくてピンチに陥った経験があるという人は少なくないでしょう。

月給制の会社の場合、ある月の1日に働き始めたとすれば、実際にお金を手にするまで2か月近くも間が空くことになります。これではピンチの際には到底間に合わないでしょうし、働いて疲れているのにお金がない状態が続き、働く意欲すら薄れてしまうかもしれません。ところが給与の日払いシステムを導入している会社であれば、多くは働いたその翌日には1日分の賃金を受け取ることができます。

これだとピンチの際には大いに助かるでしょうし、労働と賃金が明らかにリンクしていることが実感でき、働くことの意欲も高まりますしお金の大切さも分かったという人は多いものです。やはり、実際に受け取る賃金の金額とは別に、実感があるかどうかという点は大きいでしょう。このような理由から、アルバイトやフリーター向けだけではなくて、正社員に対しても給与の日払いシステムを取り入れようとしている会社は多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *