給与の日払いシステムの魅力

日払いシステムによって給与をその日のうちにもらえれば、突然の訃報や家電のトラブルまた故障に対応することができます。

日払いの場合、会社によっては6%~10%ほどの手数料がかかりますが、その事務処理にどうしても必要な金額です。このシステムの利用の流れは勤務が終った後に勤怠表を記入して確認を取れば給与が銀行口座に振り込まれます。担当者から手渡しされる場合もあるでしょう。日払いでも条件を満たせば雇用保険に加入することができます。日払いシステムはアルバイトや派遣、また専門家や職人さんにとってはお馴染みかもしれません。

必要な時に1日だけ働きその場ですぐ給与を渡してもらった、といった経験をしたことがある人も多いでしょう。アルバイトや派遣ではない正社員であってもそれは可能です。従業員から見ると上記のようなメリットがあります。急にまとまったお金が必要になった時でも貯金を崩したり消費者金融やクレジットカードを利用せずに済みます。

スマートフォンからいつでもどこでも容易に申し込めるところも魅力的です。経営者から見ると福利厚生が充実しているという良いイメージがつきますし、それゆえ人材の確保がしやすくなります。日払いシステムは法律的に抵触している、あるいは貧困ビジネスになっているという人がいます。日払いにかかる事務手数料が金銭の貸付に当たるということです。ですが、そのことが問題になったケースは報告されていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *