従業員も利用している給与の日払いシステム

給与の日払いシステムというと、アルバイトやパートのことかと思いがちですが、正社員でも利用することができるものです。

日払いシステムは月給制から日給制になってしまう訳ではなく、給与の支給日よりも前に、自分が貰えるであろう金額の一部を払ってもらうことができるものです。家電製品が急に壊れたり、身内の入院や不幸といった日常生活では予期せぬ出来事が誰にでも起こりうる可能性があり、そんな時にキャッシングや消費者金融に借りることなく、解決できれば安心です。給与の日払いシステムを提供している企業には様々な所があり金融機関でも提供している所があります。

三菱UFJ銀行の希望日受け取りサービス、フレックスチャージはパソコンやスマートフォンからでも申請することができ、振込先は他の銀行でも可能です。企業側も急な出張時の経費の仮払いもできるシステムも兼ね備えているので便利です。三井住友銀行はさくら情報サービスと提携しシステムを提供しています。前日の24時まで申請すれば、翌日の銀行営業日には振り込まれるといったスピーディーさも魅力です。

10年以上前からあり、700社以上が利用しているセキュリティ基準の高いシステムとなっています。クレディセゾンでは従業員への振り込んだ分を一時的に立て替えてくれ、月1回の精算で行ってくれるので資金力がない企業にも使いやすいシステムになっています。セブン銀行とも提携し、申請が通れば、24時間、365日いつでもすぐに振り込まれるのも従業員にとっては魅力のひとつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *