給与の日払いシステムが増えています

給与と言えば会社員であれば月に一度というのがお決まりで、日払いシステムとなっているも職業はアルバイトや派遣業務を行う人や現場を転々とする職人さんが主でした。

ですがここ最近、大手企業の正社員でも日払いシステムを取るという事が可能になってきました。とはいえ、月給制から日払い制へ給与形態が移行しているというわけではなく、月給の中から自分が希望する日数分を前払いとしてもらう事が出来るというものなので、今までの日払いという物になれた人には少し違和感があるかもしれませんが、簡単に言うと、給与の前借です。

これが出来ることによって、今まで急に物入りになった時にキャッシングやカードローンなどを利用していた人にとってはありがたい制度かもしれません。ただし、一つわせれてはいけない事があります。月給から一部を前払いでもらっているので、実際の給料日には当たり前ですが、給料の金額が減ります。そのために、給料日後の生活に支障が出る事も考えられます。

また、日払いをする時に従業員側が会社へ手数料を支払わなければいけという場合もありますので、月に一度の月給として貰う場合と比べて支払った手数料分が給与から減ってしまいまうので総支給額で考えると少なくなります。それらの事も理解の上で、どうしても急にお金が必要な時に利用できるのであれば、日払いシステムは便利な制度とも言えるでしょう。今後、給与の日払いシステムが一般的になっていくのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *