メリットだけではない給与日払いシステム

毎月の給与の支払いは、会社ごとに決まった日付で労働者に支払われています。

その月によって急な出費、支払い前に確定している大きな出費に対して給与が一部でも先に受け取れたら助かると感じる人もいるでしょう。最近良く聞かれるようになった日払いシステムとは、支払日よりも前に一部を日払いで受け取れるシステムです。日払いシステムはアルバイトや派遣業務、色々な現場で働く職人など一部の労働者には馴染みのある支払いシステムです。勤務終了後、現金手渡しで受け取るような勤務経験がある方はイメージしやすいかもしれません。これを正社員で働く人にも可能にしている会社も出てきているのです。

給与を月給制から日払いシステムにするために日給制に完全移行しているわけではありません。任意の日数分を前払いできるようにする、決められた支払日よりも先に一部を日払いで引き出せる形をとっていると言えます。会社によっては利用する際、手数料がかかる場合もありますが、急に必要になった人などには好評のようです。当然、限度額を決めたりと支障のないように設定もされています。

下手にキャッシングなどを利用せずに済み、メリットに感じられる給与の日払いシステムですが、当然デメリットもあります。一番大きな点は手数料がかかることです。どんなに手数料が少なくても実際に貰える給与の一部が減ってしまうのです。さらに、頻繁に利用をすれば会社側の従業員に対するイメージはマイナスに働きます。ボーナスなどの査定や評価にも少なからず影響があるので安易に利用するのも注意が必要なシステムと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *