給与の前払いシステムの導入を後押し

給与の前払いシステムが広がりを見せていますが、これはいくつかの要因が重なっての結果と言えるでしょう。

そもそも給料の支払いは数字の計算によるところが大きく、これはコンピューターやITの発達により比較的容易にシステム化を行うことができます。また、スマホやタブレット、パソコンの普及やインターネットの普及も、どこからでもネットワークにアクセスできることもこれを後押ししているでしょう。

IT技術とは別の側面として、現在の日本では労働人口が減少しつつあり、なかなか人材を採用できないということがあります。給与の前払いシステムを導入することで働く人の満足度をアップさせ、求人に応募する人を増やしたり、採用されてもすぐに辞めてしまう人を減らすことが期待できます。とくにアルバイトとかパートタイマーなどが即戦力になっているような企業では正社員とは異なって少しでも早く給料を受け取ることへの期待感は大きいでしょう。

また、直接的にはあまり関係ないかもしれませんが金利が低いという今の状況も給与の前払いシステムの導入を後押ししているかもしれません。お金を前払いするというのは、支払う側にとっては金利負担が生じることは間違いないわけですが、今のゼロに近い金利であれば実際にはほとんど金銭的な負担は発生しないとも言えます。このようにIT技術、求人状況、それに金利という点で給与の前払いシステムを導入する環境が整っていることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *