給与の前払いシステムを利用するメリット

給与を前払いサービスに対する需要は高いものの、実際にそれを実現することは難しいと言われてきました。

なぜなら、会社の経理担当者にかかる負担が大きいからです。月の途中で、ひとりひとりのその時点での給与を計算することは大変です。一人や二人ならともかく、同時にたくさんの従業員から申請されたらと考えると現実的ではありません。アウトソーシング型の給与前払いシステムを利用すれば、経理部門の事務処理の問題が解決します。あらかじめサービス会社に対して企業が準備金などを支払っておき、そこから従業員に対して前払いの給与が支払われるという仕組みです。

事務処理はすべてサービス会社がやってくれるので、企業の経理部門に負担は生じません。給与前払いシステムを導入することの主なメリットは、求人の応募数が増えること、従業員の離職率が低下することなどです。前払いシステムは福利厚生の一種なので、福利厚生の充実度をアピールできます。従業員がクレジットカードやキャッシングを使いすぎると、信用が低下します。

借金で追い詰められた従業員は、「この会社の給料では借金を返済していけない」と会社に対して不満を持つようになるかもしれません。追い詰められた人間は正常な判断ができなくなる傾向なので、不正などのトラブルに発展する可能性もあります。前払いシステムには手数料が高すぎることなど、まだまだ問題点はあります。新サービスが続々と登場しているので、競争原理によって手数料は安くなっていくことが期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *