給与の前払いシステムの仕組み

給与の前払いシステムのようなものがあるのかと思われる人もいるでしょうが、最近ではこのような仕組みを導入している会社もあります。

結局のところ給料の支払いにあたって必要なことは正しい金額の計算と、その結果に従ったお金を用意することに尽きるでしょう。正しい金額の計算については、確かに以前はかなりの手間ひまのかかる作業で、1円たりとも間違えるようなことは許されませんからチェックも二重三重にしないといけないというように時間のかかるものでした。

ですが、よくよく考えれば全てをコンピューター化できないわけがないでしょう。勤務時間を記録するタイムカードと個人の時給データ、それに交通費など各種手当や税金控除の計算式などが予めコンピューターに入っていれば、本質的には全て自動計算できるはずです。今ではこのように全てがコンピューター化された仕組みを構築することも容易になったために、給与の前払いシステムの導入も比較的簡単になっています。

もちろん先にも書いたようにお金を前もって用意することは必須で、そのためには最低でもその間の金利差に相当するコスト負担が生じるでしょう。しかしこの点においても昨今は非常な低金利時代が続いていますから、実際問題としてはほとんど負担など発生しないわけで、企業としても十分に納得のいくコストで給与の前払いシステムを導入できるようになっているのです。コストよりも従業員の満足度向上のほうが大きいということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *