給与の前払いシステムを利用する企業のメリット

近年、給与の前払いシステムが話題となっています。

長く続く不景気や様々な経済状況の悪化により、給料日までお金が続かないと言う社員も比較的多くなっており、給与の前払いを希望する社員が増えていることから、この仕組みを持っている企業に対する人気が高まっているのです。従来は、従業員はお金が足りない場合に消費者金融やカードローンなどを利用すると言うことも多かったのですが、最近ではそのために様々なトラブルを発生させることも多くなっているため、寺の方法を使わずに給与の前払いを利用したいとする従業員が増えてきました。

しかし企業の側では、この前払いを行った場合にはキャッシュフローが悪化する恐れがあるためその対応をすることができないと考えている面があります。特に中小企業の場合には、様々な資金のやりくりをギリギリで行っていることも多く、これらの社員の要望に応えてしまうと様々な取引先に対する支払い等が滞ってしまう恐れがあり、場合によっては倒産に結びつく問題を抱えてしまうことも少なくありません。

そこで最近利用され始めているのが、給与の前払いシステムです。これは一時的に金融機関が企業にかわり従業員に対して給与の前払いを行い、後日企業側に請求を行う仕組みとなっており、企業のキャッシュフローを乱さずに従業員に対して前払いをすることができる仕組みとなっているのです。当然利息は企業が支払うことになるのですが、支払い時期を変えずに従業員の要望にも答えることができることから、この前払いシステムは非常に便利なものとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *