給与前払いシステムのポイント

給与前払いシステムのポイントとして気を付けることはまずコスト面でしょう。

どんなシステムであってもそれを開発し、維持管理してもしバグなど不具合があれば直ちに修正し、必要に応じてバージョンアップするなどには費用がかかりますから、無料で使えるといううたい文句には注意しなければなりません。一定のコストがかかることは覚悟しておく必要がありますが、具体的にどれくらいかかるのかというのはそれぞれの給与前払いシステムによってかなりの差があるのが現状ですから、しっかりと比較検討する必要があります。

会社としての負担費用だけでなく、従業員としての負担があるのかどうか、もしある場合はどれくらいなのかも重要なポイントです。給与前払いシステムで気にしておくべき点はもちろんコストだけではありません。システムは、それをうまく使いこなせて始めて価値があるのです。つまりサポート体制が整っているかとか、うまく使いこなすためには会社側も何らかの対応が必要というのならどれくらいの負担になりそうかを見積もっておく必要があります。

例えば、システムだけ導入しても従業員は使い方が分からないでしょう。利用説明会のようなものを開催しないといけないかもしれませんし、説明会の後には質問が来るかもしれません。そのようなコスト面以外のいろいろな負担がどれくらいあるのか、場合によってはそのような負担についても軽減できるようにサポートしてくれるのかといったことが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *